色素沈着した所でも脱毛できる?

色素沈着の度合いを確認

脱毛エステ サロンでは、その脱毛マシンの種類や方法によって、色素沈着への対処が変わります。光を当てて脱毛するタイプのほとんどが、ムダ毛のメラニンに対してアプローチしますので、色素沈着がかなり濃いという場合には痛みを我慢するか肌ダメージを考慮して別の方法を検討します。

脱毛エステ サロンに行ったら、先に色素沈着の度合いを確認してもらってから、施術可能な範囲なのかを見てもらいましょう。それをしてから契約をしないと脱毛自体が出来なくなりますし、契約解除で違約金が発生する場合もあります。

日焼けやタトゥーなど明らかに見てわかるときには判断がしやすいですね。いろいろな脱毛方法がありますので、色素が濃くても大丈夫なものから選ぶことになりますよ。

メラニンへの影響が大きい方法が?

光脱毛としてフラッシュを使用する脱毛エステ サロンや医療レーザーを使用するクリニックでは、メラニンへの影響が強いので色素沈着があると痛みを感じることがあります。あまりにも目立つようなら施術自体が難しいでしょう。そうなると、ニードル脱毛や高周波脱毛のいずれかになるでしょう。

非熱式に関しては現在、脱毛エステ サロンで提供しているところがありませんので使用できない手段です。痛みに弱いと思うのならニードル脱毛はあまり適していませんので、比較するポイントをピックアップして検討しましょう。

日本で開発している脱毛マシンでは東洋人の肌に合わせていますので、比較的メラニンへの反応がきつくないと思っていいですね。



Copyright (C) 2012-2014 脱毛サロンGメン All Rights Reserved.