非熱式脱毛

非熱式脱毛の特徴

非熱式脱毛はフラッシュ脱毛が登場する前に脱毛エステ サロンで利用されていた方法ですね。名前の通り熱が出ませんので、やけどの心配をしなくていいというメリットがあります。具体的には大豆イソフラボンなどを含有しているローションをつけてからオゾンを当てていきますね。

エステで実践しているイオン導入の方法を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。痛みがないのは特徴的なところですが、ムダ毛が太い場合には効果が感じにくい場合もあります。産毛に対しても効果的な脱毛となっています。

フラッシュ脱毛に切り替えず非熱式脱毛を行っている脱毛エステ サロンはほとんどないかも知れません。価格が安価になっているのも利用者に選ばれる理由でしょう。

どんなタイプに向いているのか?

非熱式脱毛は痛みに弱い方や、日焼けをしている色素沈着があるという場合に向いています。セルフケアとして大豆イソフラボンの入っているよく毛ローションで効果が出たという人にも向いていますね。産毛が多い場合にも脱毛効果が実感できます。

肌が敏感だったり、乾燥しているために脱毛エステ サロンの光脱毛が合わないという方は、非熱式脱毛が良いと考えられます。ムダ毛が太いと効果が出にくいので、比較的細いムダ毛の場合によく効果が現れます。一度毛穴を開いた施術をしますので、終了後には収れん化粧水のようなものはあったほうがいいでしょう。

脱毛エステ サロンでは、マイナスイオンがプラスイオンに変わることで毛穴を引き締めるということでした。



Copyright (C) 2012-2014 脱毛サロンGメン All Rights Reserved.